源泉徴収の料率と徴収するケース

税理士事務所ハートフルナビ

源泉徴収は、外注を雇ったとすると100万円までは10.21%の金額を徴収します。徴収するものとしないものがあるので確認が必要です。

源泉徴収の料率と徴収するケース

源泉徴収という言葉をご存知でしょうか。

会社員の方ならご存知かと思います。

所得から所定の税率が差し引かれていますね。

会社が給料から所得税を引いて国に支払った金額なのです。

2012年までは源泉徴収は10%でしたが、2013年から復興特別所得税が加わり、10.21%になりました。

今までは10%なので計算しやすかったですが、10.21%となると、ぱっと計算できなくなるのでちょっと不便ですね。

税理士事務所の税理士に支払う報酬も、10.21%の源泉徴収をします。

もし、個人で事業をしていて、外注を雇ったとします。

アフェリエイトの仕事をしているとして、ホームページのデザインや記事の作成、講演料などを外注した場合、源泉徴収をします。

源泉徴収をしないものもあります。

webサイトの製作費、SE構築などの費用については源泉徴収しないものとなっています。

源泉徴収するもの、しないものの区別はちょっと難しいので税理士事務所に聞いてみると良いですね。

国税庁のホームページにも源泉徴収がいるかいらないかの判断の方法が掲載されています。

源泉徴収の計算方法ですが、支払う金額が100万円以下の場合10.21%、100万円を超えた場合は超えた分に20.42%かけたものと102100円を足します。

この点を注意して計算するようにして下さい。

源泉徴収をし忘れた場合、報酬を支払った側のミスになるので、相手にその分を説明して次の支払いの時にその分も一緒に徴収するなどの対策をしましょう。

Google
www を検索 税理士事務所ハートフルナビを検索